歯が痛くなる前に歯科医にかかった方が良い理由

歯が痛くなる前に歯科医にかかるためには?

歯が痛くなる前に歯科医に行こう

歯医者では歯科検診をすすめています。 年に2~4回行けば、虫歯や歯周病が痛くなる前に治療ができます。 お口の中の舌・口内炎などの病気もチェックしてもらえます。 口腔粘膜の異常から口腔がんなどの病気が早期発見できた例もあります。 これらの病気は、歯医者でなければ中々発見できません。

虫歯や歯周病が進行してしまうと歯が抜けてしまいます

虫歯や歯周病は、定期的に歯科検診に行っていれば、早期に発見出来るので治療は簡単ですぐに終わります。 しかし痛みが出てから歯医者に行くとかなり進行して外科的治療の必要があったり、歯が抜けてしまう場合があります。 歯は自分の力で治すことは出来ませんし、抜けてしまうともう元には戻らないのです。

歯周病から歯を守ろう

40~50代になると歯周病の割合も増えていきます。 80代になっても歯が20本以上残っていれば、食生活も充実しますし、他の病気の予防にもなるのです。 最近はすべての病気で予防療法として定期健診が進められています。 歯にとっても早期治療が何よりも大切なのです。

歯科の定期健診を受けよう

歯が痛くて我慢出来ずに歯医者に行くことは、よくありますよね。
その時には、既に虫歯や歯槽膿漏がかなり進行していると思われます。
そんな状態で治療を開始すれば当然時間もかかります。
歯の痛みは虫歯以外にも、歯周病であったり、外傷や破折から感染症を引き起こす可能性もあるのです。
毎日歯を磨いていても、食生活において甘いものをだらだらと食べると虫歯になりやすいですし、食べ残しもあるでしょう。
虫歯の原因は、歯並びや歯磨きの状況・唾液の量など人によってさまざまです。
気が付かないうちに虫歯になる可能性は誰にでもあるのです。
虫歯になると、勝手になおることはありませんので、虫歯になってからではいくら歯を磨いても意味はありません。
そんな中、虫歯の予防で欠かせないのは、やはり歯医者で定期的にチェックを行うことです。
歯医者に通う習慣のある人は、痛くなる前に虫歯を見つけることが出来ます。
初期段階であれば、治療期間も短くてすみますし、治療費も安くすむのです。
歯が痛くなるのは嫌だけど、治療も痛いから嫌だという方がいますが、削った歯質は元には戻すことは出来ませんし、抜いた歯がはえてくることはありません。
治療が必要な状態にならないことが一番の方法ではないでしょうか。
歯科先進諸国と呼ばれる欧米諸国では、70%~90%の人が定期的に検診を行っています。
残念ながら日本での歯への関心度は、低いようで歯の残存数にも差があるようです。

おすすめリンク

千葉市で通いやすい矯正歯科

矯正歯科をお探しのあなた!千葉市内で自分にあった歯科医院を見つけるためのポイントがあります!