アコースティックギターの最高峰・MARTINを高く買取!!

ギター

MARTIN高く買取

楽器

少し前にテレビ朝日系のテレビ番組「アメトーーク!」で、“ギター芸人”という特集をやっていた。出演者はMCの雨上がり決死隊、後藤輝基(フットボールアワー)、狩野英孝、角田晃広(東京03)、小沢一敬(スピードワゴン)、松浦真也、森慎太郎(どぶろっく)、川島邦裕(野生爆弾)らであった。いずれもギターが好きだ!と自負する芸人さんたち。

ギターを大きく大別すると、エレキギターとアコースティックギターに分けることができる。MARTIN(マーティン)はアメリカのギター・マンドリン・ウクレレメーカーであり、アコースティックギターの最高峰として有名。クラプトンやプレスリー等も愛用していたとされる。アメリカのギターメーカーであるMARTIN(マーティン)だが、創業者は実はドイツ人らしい。名前はクリスチャン・フレデリック・マーティン(Christian Frederick Martin)。ドイツからアメリカに移住し、アメリカで事業展開をしたらしいのだ。以降170年以上にもわたって第一線で活躍してきたブランドである。

インターネットで検索すると日本人でMARTIN(マーティン)を愛用しているミュージシャンは沢山いるらしい。一部の名前をあげれば、ミスチルの桜井さん、奥田民生さん、玉置浩二さん、南こうせつさん、らがいる(他にも多数)。

ギターマンを志している者であれば、一度は奏でたいと思うギターの1つです。

MARTINの歴史

楽器

MARTINの歴史は実に200年近くになります。MARTINのルーツとなるギターが誕生した時、日本はまだ江戸時代。そんな古くから2000年の現在まで、MARTINは伝統を守りながらも様々なギターを発表し続けてきました。

Read More